外構はプロに任せよう

外構はプロに任せよう

HOME >>  家族構成で決めるカーポートの一例(車、バイク、自転車の台数など)

家族構成で決めるカーポートの一例(車、バイク、自転車の台数など)

家づくりで気になるのが、車のスペースの取り方です。車のスペースは、日々の使い勝手が大きく変わってくるうえに、建物の間取りにも影響します。また安全性も考えなければなりません。道路からの出入りや乗り降りに必要なスペース、建物本体との動線などトータルに考えることが必要です。

最近は、上屋を設けるカーポートを設置する例が多くなりました。それに伴い、各メーカーのカーポートもバリエーション豊かがなっています。カーポートのスタイルには、屋根をどのように支持するかの違いによって、片流れタイプと両側支持タイプがあります。屋根の素材も、ポリカーボネートやスチール折板など色々です。デザインや強度を考えて一番合うものを選びましょう。

また、カーポートが外から見えることから、門扉やフェンスとシリーズ化されているものもあり、統一感を考えてトータルコーディネートする家も増えてきました。

カーポートを選ぶときには、車の大きさと台数を考えることがまず第一です。現在、使用している車はもちろんですが、近々買い替えを予定していたり、新規に購入したりする可能性が将来的にあるのならば、その台数も考えにいれておかなければなりません。

予想される車の大きさは、カーポートの大きさやデザインに大きく影響してきます。また、台数も2台になれば様相が変わります。将来のライフスタイルを考えてプランニングすることが大切です。

ここで忘れてはいけないのが高さの確認です。特に今持っている車が、セダンタイプだった場合に、ワンボックスに変わる可能性があるのならば、それを考慮して選ばなければならいませんよね。RVも同様に高さのある車種になります。

また、自転車やバイクを持っているご家庭であれば、カーポートの脇に止める可能性もあります。その場合は、少し広めのタイプを選んでおけば安心です。

© 2015 外構はプロに任せよう All Rights Reserved.