外構はプロに任せよう

外構はプロに任せよう

HOME >>  泥棒が嫌う外構があるってホント?

泥棒が嫌う外構があるってホント?

家の外構は、プライベートを守るだけでなく、泥棒の対策になる重要な部分です。デザイン性だけでなく、防犯の観点からも外構を考えることは重要ですね。実は、泥棒が入りにくい外構の作り方があります。

泥棒に入りにくくするためには、敷地内には監視していることをアピールする設備を設置することはもちろん、外部から見通しが良く、入りにくい高さの塀やフェンスにするといいと言われています。

たいてい泥棒は、実際に泥棒に入る家に下見に来るそうです。その下見の段階で、留守がはっきりと分かったりするとターゲットにされてしまいます。今では、様々な防犯グッズが用意されていますので、それらとあわせて外構を考えていきましょう。

門扉に取り付けるインターホンは、カメラ付きが有効です。泥棒の多くが、留守宅かどうかの確認のためにインターホンを押してみるようです。そのため、不在時も訪問者を録画できるカメラ付きインターホンはとても有効です。

また、門扉自体は、簡単に乗り越えられない高さで、見通しが良いデザインがおすすめです。また周りのフェンスは、乗り越えるための足場がないように注意します。

細菌は、郵便物から個人情報を不正入手すると言う犯罪が増えています。郵便物が取られないポストにすることも大切です。

このように、ちょっとした工夫をすることで、泥棒のターゲットになりにくい家になります。特に一軒家の場合は、トライしてみることおすすめします。

© 2015 外構はプロに任せよう All Rights Reserved.